まる旅 -maru tabi-

様々な「行ってみたい」「やってみたい」を発信○

建築家 建物

【建築家】磯崎新とは?建築設計作品紹介!

投稿日:2019年10月26日 更新日:

ポストモダン建築を牽引してきた世界的に有名な建築家の磯崎新を取り上げます。
2019年に日本人8人目となるプリツカー賞を受賞したことでも話題になった、磯崎建築を一部紹介します。日本各地の建物を紹介するので、建築旅行の参考になれば幸いです。

磯崎新とは?

日本の建築家・日本芸術院会員。一級建築士、アトリエ建築家。大分県大分市出身。父は実業家で俳人の磯崎操次。夫人は彫刻家の宮脇愛子。

Wikipedia

昭和6年7月23日生まれ。妻は宮脇愛子。丹下健三にまなぶ。昭和38年磯崎新アトリエをひらく。大分県立大分図書館,群馬県立近代美術館などで3度建築学会賞。ほかにつくばセンタービル,ロサンゼルス現代美術館など国内外の作品を手がける。平成5年日本文化デザイン賞大賞。大分県出身。東大卒。著作に「建築の解体」「ポスト・モダン原論」など。

日本人名大辞典+Plus

2019年、磯崎新が、「建築のノーベル賞」とも言われるプリツカー賞を受賞したことが発表されました。
日本人での受賞は、丹下健三や槇文彦、安藤忠雄、妹島和世+西沢立衛、伊東豊雄、坂茂に続き、8人目のとなります。

「半世紀以上に渡り、磯崎氏は建築作品、著作、展覧会、会議の企画やコンペの審査を通し、建築界に多大なインパクトを与え、また多くの若い建築家を世に送り出してきた。建築家の重鎮でありながら、新しいアイディアを取り入れることにもオープンであり続ける。その作品は建築だけでなく、哲学、歴史、理論、文芸への深い造詣に基づいている。コラージュのような表面的なことではなく、真の意味で西洋と東洋の建築を結びつけた 」

磯崎新による建築

そんな磯崎新氏による建築をご紹介します。
日本各地にあるので、旅のお供などに見て頂ければと思います。

旧大分県立大分図書館(アートプラザ)

旧大分県立大分図書館(アートプラザ)
Wikipedia

用途:複合文化施設

構造:鉄筋コンクリート造

竣工:1966年6月

○概要

大分市出身の建築家磯崎新の代表作であり、日本建築学会賞を受賞した旧大分県立大分図書館を改装し、1998年2月に開館した。
旧大分県立大分図書館は、新県立図書館(豊の国情報ライブラリー)の建設に伴う建て替えによって取り壊しが予定されていたが、大分市が大分県から建物及び敷地の譲渡を受けて、アートプラザとして再生したものである。開館した1998年には公共建築百選に、また、2003年にはDOCOMOMO Japanが選定する日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれている。
1階は市民ギャラリー、2階にはネオダダの作品をはじめ大分市美術館所蔵の現代美術作品を常設展示している60’sホール、ギャラリー等に多目的な使用ができるアートホール、実技室、研修室等が設けられ、3階は磯崎新の建築作品の模型や資料を常設展示する磯崎新建築展示室となっている。

Wikipedia

磯崎新氏の生まれた大分での代表作です。
正方形断面コンクリート打放し中空梁が力強く、その造形が特徴的な建物になっています。
耐震補強壁を追加するなど、一部増改築を施すと共に、用途をアートギャラリーへと転用することで、建物の保存再生がなされています。

○住所・地図

〒870-0046 大分県大分市荷揚町3−31


群馬県立近代美術館

群馬県立近代美術館
Wikipedia

用途:美術館

竣工:1974年
増改築:1994.1997年

○概要

建物の設計は磯崎新。建築的にも評価が高く、北九州市立美術館などとともに磯崎の代表作として称されることも多い。
1990年代に2度に渡る増改築を行っているが、建物の基本デザインを踏襲し建物裏手に増築を行ったことから、群馬の森・芝生広場からの外観はほぼ建築当初のままである。

Wikipedia

磯崎の群馬県立近代美術館についてのコンセプトでは、1.2mを基準とした立方体フレームの集合体が、美術作品を取り巻く額縁に喩えられた空洞として想定されており、美術作品が通過するこの空洞(空間)は流動的に変化し、増殖可能なものとされている。それにより、現建築は一辺を12mとした立方体フレームの集積を基本構造とし、外壁のアルミパネルやガラス面グリッドの一辺は120㎝、エントランスホールの壁面、床面の大理石パネルは一辺60㎝、床のタイルは一辺15㎝の正方形、というように構成要素は全て12mを基準とした寸法の正方形となっている。また、増殖する立方体という考えは、1994年のシアター棟、1998年の現代美術棟増築によって立証された。

http://mmag.pref.gunma.jp/outline/about.htm

この美術館の形状は、正立方体をベースとしており、一片が12mの立方体を連続させて建物の外形を創っています。
磯崎新氏の奥様である彫刻家の宮脇愛子氏の「うつろひ」も展示されています。

○住所・地図

〒370-1293 群馬県高崎市綿貫町992−1 群馬の森公園内


北九州市立美術館

北九州市立美術館
Wikipedia

用途:美術館

構造:鉄筋コンクリート造 シリンダー部分 鉄骨造

竣工:1974年10月

○概要

磯崎はカテドラル(聖堂)をイメージして設計したという。二つの大きなヴォリュームがキャンティレバーとして、外観をつくる。シンメトリーの構成である。その外観から、「丘の上の双眼鏡」の愛称を持つ。エントランスホールは三層吹抜である。

Wikipedia

磯崎新の初期の作品です。
美術館は高台の上に建てられていて、そこから街並みを一望することができます。
1987年に本館同様に磯崎新の設計により別館(アネックス)が増築されています。

○住所・地図

〒804-0024 福岡県北九州市戸畑区西鞘ケ谷町21−21−1


つくばセンタービル

つくばセンタービル
Wikipedia

用途:複合施設

構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造

竣工:1983年6月

○概要

磯崎の得意とする幾何学的なデザインを多用するほかポストモダンの特徴である歴史引用を行い、隠喩や象徴をちりばめたマニエリスム的な作品である。ローマのカンピドリオ広場を反転した広場(フォーラム)があり、カンピドリオ広場は丘を登った場所にあり中心に銅像が建っているのに対し、つくばセンタービルでは広場が低い位置にあり中心は噴水である。

Wikipedia

つくばセンタービルは磯崎新のポストモダン建築代表作だと言われています。
真ん中の広場は、ミケランジェロが作ったルネサンス期ローマのカンピドリオ広場を模したものと言われています。

○住所・地図

〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1丁目10−1


なら100年会館

なら100年会館
Wikipedia

用途:多目的ホール

構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨造

竣工:1999年2月

○概要

なら100年会館は、奈良市制100周年を記念してJR奈良駅前西側に建設された多目的ホールです。
設計者は建築家の磯崎新氏。「奈良の文化を育て、世界に発信するまさに“文化の船”」をイメージしており、
「新しい奈良」のランドマーク、文化発信の拠点となっています。 

http://www.nara100.com/summary.html

JR奈良駅前からの近くにあります。
瓦状のタイル貼りの外観は渋い色合いのこの建物は、船をイメージしており、そのボリューム感から、周囲の風景と見るとどこか異質な存在となっている。

○住所・地図

〒630-8121 奈良県奈良市三条宮前町7−1


水戸芸術館

水戸芸術館
Wikipedia

用途:美術館

構造:鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造(塔本体・鉄骨造)

竣工:1990年2月

○概要

馬の背状の地形に発達した水戸の街は、線的な都市構造を持ち、大通り(国道50号線)から 1 本、道を入ると、街の裏側になってしまう。それゆえ、周辺整備また周辺地区の活性化を図るのにもっとも重要なのは、この線的な都市構造を面的な都市構造に変換させることである。
 五軒小学校跡地施設の基本設計にあたって、この目的のためまず考慮されたのは、当敷地を含め、用途地区を商業地区に変更すること、またこうした都市構造の変換のきっかけになりうる「都市広場」を作りだすことである。

https://www.arttowermito.or.jp/about/aisatsu.html#isozaki

水戸市中心部に建つこの施設は、中心市街地活性化の意味も込めて創られました。
螺旋状に天に伸ばした高さ100mのシンボルタワー(アートタワー)がそびえておりこの美術館のランドマークとなっています。
夜はライトアップも行っているので時間に限らず楽しむことができます。

○住所・地図

〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1丁目6−8


ハラミュージアムアーク(Hara Museum ARC)

ハラミュージアムアーク(Hara Museum ARC)
http://www.haramuseum.or.jp/jp/arc/

用途:美術館

構造:木造、一部鉄筋コンクリート造

竣工:2008年3月

○概要

磯崎新によるハラ ミュージアム アークは、伊香保グリーン牧場に隣接する緑豊かな広い敷地に作られています。ピラミッド型の屋根を持つ正方形のギャラリーAと両翼に細長く伸びるギャラリーB・Cというシンメトリーを意識して配置された3つの展示室は、やわらかい自然光がトップライトから降り注ぐシンプルな空間の中、現代美術の展示を行っています。一方、特別展示室「觀海庵」は、書院造をモチーフにした静謐な和風の空間で、木、石、和紙、漆喰で仕上げた内部のいたるところに名工の技が光っています。また、屋外にはアンディ ウォーホルやオラファー エリアソン、ジャン=ミシェル オトニエルをはじめ、内外の現代アーティストによる常設作品が点在しています。なお、当館では環境に配慮し、太陽光発電も使用しています。

https://www.haramuseum.or.jp/jp/arc/about/

東京都品川区にある原美術館の別館で、このハラミュージアムアークは、温泉地としても有名な伊香保にあります。
黒で統一されたシャープな外観の建物は、伊香保の豊かな緑に美しく映え、とても美しいです。
温泉に入るついでに立ち寄ってみるのも良いかもしれません。

○住所・地図

〒377-0027 群馬県渋川市金井2855−1


奈義町現代美術館

奈義町現代美術館
Wikipedia

用途:美術館

構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨造

竣工:1994年3月

○概要

奈義町現代美術館・図書館・レストラン(※1)の建築工事として今回完成した建物(※2)は、いくつもの独立した棟の集合体である。そのなかで奈義町現代美術館(Nagi MOCA)と呼ばれようとしているのは、入口をはいって、右手の池に面した喫茶室から北側の奥にあたる部分である。左手の2、3階には、図書館があり、その下階には小さい町民ギャラリーがもうけられている。レストラン棟(※1)はさらに南側に分離されているが、ここはこの美術館を訪れるであろう人達の食事や休息の場所で町の特産品の売場もあり、建物全体が竹林で囲われている。これらの施設は基本的に町民の利用のために建設された。だが現代美術館だけはこの地域のひろがりを超えて、一足とびに世界の美術や美術館の動向ともかかわる意図をもって構想されている。
具体的には、ここでは3人だけのアーテイストの作品が半永久的に展示される。さし当たり、荒川修作の棟を〔太陽〕、岡崎和郎の棟を〔月〕、宮脇愛子の棟を〔大地〕と呼んでいるが、それは作品の内容を示したものではなく、むしろ建築的な形態より連想され「見立て」られたものである。

http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/shisetsu.html

一体となった作品と建築を五感で体験する、日本における体感型美術館の先駆けといわれる美術館です。
磯崎新氏の奥様である、彫刻家の宮脇愛子氏の作品「うつろひ」も展示されています。
カフェとして営業もあるので、コーヒーをいただきながらゆっくりとこの贅沢な景色を眺めることができます。

○住所・地図

〒708-1323 岡山県勝田郡奈義町豊沢441


静岡県コンベンションアーツセンターGRANSHIP(グランシップ)

静岡県コンベンションアーツセンターGRANSHIP(グランシップ)
Wikipedia

用途:コンベンションセンター

構造:鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造

竣工:1999年3月

○概要

外観は船をイメージしており、形にちなんだ「グランシップ」という愛称が付けられている。 地下2階・地上12階建てで延べ床面積は60,360m2あり、全長は200mを越え、高さは約60mと巨大な建造物である。 すぐ脇を通過する東海道本線および東海道新幹線の車窓からもよく目立つ。 この建物の土地と建物を合わせた総事業費は約700億円にのぼる。
大ホール(天井高58m)、中ホール、静岡芸術劇場、会議室や県立図書館グランシップコーナーなどがある。

グランシップという名前からも分かるように、船のような形状をしています。
非常にダイナミックな建築で、静岡駅からのアクセスもよく、静岡のあらゆるイベントの会場となっています。

完成から5年後の2004年にスレート製の外壁が落下する事故があったようです。

○住所・地図

〒422-8019 静岡県静岡市駿河区東静岡2丁目3−番1号


最後に

磯崎新建築はいかがでしたか?
日本の建築家の中でも大御所ですが、プリツカー賞を受賞してこれからも日本の建築界の第一線で、建築を創り続けてほしいです。
ホールや美術館といった一般利用可能な建築が多いので是非足を運んでみてください。

ご覧いただきありがとうございました。


-建築家, 建物
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【京都】おしゃれなカフェ一覧!古民家・京町屋改修など…

京都には様々なおしゃれなカフェがあります。古民家改修や京町屋をリノベーションなど、日本文化との融合したものや、モダンな現代的なおしゃれカフェなど紹介します。 観光地を廻って疲れた際に是非立ち寄ってみて …

【建築家】丹下健三とは?建築設計作品紹介!

今年で生誕100周年である、有名建築家「丹下健三」を取り上げます。さらに、「世界の丹下」と言われた丹下健三建築を一部紹介します。日本各地の建物を紹介するので、建築旅行の参考にどうぞ。 丹下健三とは? …

【令和から平成へ】建築ニュースランキングtop10!

2019年の建築のニュースをランキング形式でご紹介します。風水害・京都アニメーション放火など記憶に新しいニュースなど記憶に新しいニュースも多く含まれていると思います。 2020年東京オリンピックに向け …

設計

【設計事務所】組織設計事務所とは?2018年度売上高上位ランキング

経営動向調査2019として、2018年度設計事務所の売上高の上位をランキング形式でご紹介します。学生の就職情報等にも利用していただければと思います。 ⇨【建設会社】ゼネコンとは?2018年度売上高上位 …

【建築家】隈研吾とは?建築設計作品紹介!

オリンピックスタジアムなどで今話題の有名建築家「隈研吾」を取り上げます。さらに、日本各地の隈研吾建築を一部紹介します。建築旅行の参考に是非。 隈研吾とは? 昭和・平成・令和時代の日本の建築家(一級建築 …